最新治療を

ゴム手袋を装着する若い医師

「後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)」とは、感覚障害・運動障害の神経障害を引き起こす病気です。公費負担に指定されるには、認定基準がありますが、医療費助成対象疾患に指定されています。後縦靱帯骨化症の初期症状として、首筋・肩甲骨・指先のしびれや痛みを伴います。次第に、しびれや痛みの範囲が、広がって行く可能性も出て来ます。 後縦靱帯骨化症の症状を緩和する為の、手術以外の方法として「外固定装具」を装着します。これは後縦靱帯骨化症が、骨化により神経が圧迫されるのを保護する為の物です。首を後ろに反らせる姿勢は避け、医師の指導のもと「消炎鎮静剤」等の服用で、自覚症状は軽減されます。自覚症状が無い場合には、定期的にレントゲン真検査をする必要があります。

後縦靱帯骨化症は、背骨の中を縦に走っている靭帯が骨に変わり(骨化)、脊髄を通す空洞(脊柱管)が狭くなってしまう病気です。この結果、狭くなった部分の脊髄や、脊髄から出る細い神経が圧迫されてしまい、首筋や腕、足のしびれや運動麻痺が出てしまいます。後縦靱帯骨化症にかかった靭帯の組織は、他の靭帯と比べて力に対して脆くなってしまいます。でも、症状が軽いうちにコントロールできていれば、生活の制限はそれほど大きくはなりません。 ただし、後縦靱帯骨化症になった人は、首や腰など、靭帯が骨化した部分を後ろに反らさないことが大事です。背骨や首の骨を後ろに反らすと、脊柱管が狭くなって症状が出現するリスクが高くなるからです。 さらに後縦靱帯骨化症は、転倒・転落の衝撃によっても症状が出現したり悪化したりすることがあるので、屋内外でも安全に気を配る必要があります。転倒のリスクが高まる自転車での移動、飲酒には常日頃から注意してください。