最新治療を

ヘルパーと男性

近年では後縦靭帯骨化症という病気に最新治療方法が話題となっています。感覚障害や運動障害などを引き起こす深刻な病気なので、医療費助成対象疾患となっています。そのため、最新治療なども受けやすいのでしっかりと治療しましょう。

この記事の続きを読む

注目されている

レントゲン

フコイダン療法は、ガンに効果的な治療として、注目されています。従来のガンになっている部分を切除するとは別に、自然治癒能力を高めて治療を行う事が出来ます。これを代替療法と言われ、フコイダンの成分が注目されています。

この記事の続きを読む

がんについて

治療薬

咽頭がんは、鼻の奥にある部分に発生するがんです。周りの部分には、目や鼓膜があるので、何らかの障害を生じることもあります。原因としては、アルコールの過剰摂取や喫煙などをあげることができます。

この記事の続きを読む

 

ストレス解消を行なう

ゴム手袋を装着する若い医師

最先端の技術を駆使した髄膜腫の施術は此処に任せましょう。メディアでも話題になった有名なドクターが治療します。

高活性化NK細胞療法を導入しているため患者様に無理のない治療をしています。だから安心して咽頭がんを治すことが出来ます

適度なストレスであれば、やる気や記憶力を向上させる効果があり必要だと言われていますが、必要以上のストレスが溜まってしまうと心や体に様々な症状があらわれてくることがあります。 メンタル面に来る不調の鬱、そして体にあらわれる不調をまとめて心身症と呼び、心身症に当てはまる疾患は70種類以上あります。 この心身症のなかで、近年急速に増えてきている疾患の「潰瘍性大腸炎」について説明していきます。 潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜がただれるびらんや、粘膜が欠損する潰瘍が出来る炎症性疾患になります。 潰瘍性大腸炎を発症する原因についてはまだ解明されていませんが、肉体的・精神的ストレスと免疫異常が関係していると言われています。

潰瘍性大腸炎の主な症状は下痢や血便、腹痛などで、重症になると発熱や頻脈、吐き気、嘔吐、貧血、体重減少などの症状があらわれてきます。 潰瘍性大腸炎の治療は内視鏡やX線検査によって、びらんや潰瘍の形・範囲を調べ、大腸粘膜の一部を採取し病理診断を行うことから始めます。 そして症状によって内科的治療法・外科的治療法を選択し治療していきます。 潰瘍性大腸炎は特定疾患(難病)に指定されている疾患で完治することが難しいですが、内科的治療法や外科的治療法によって症状が改善され、日常生活の制限がなく普通の生活を送ることができます。 そのため症状が改善されても内科的治療で症状をコントロールし、規則正しい生活をおくることが潰瘍性大腸炎の寛解に繋がります。

大腸がんに掛かっても、絶望しないで下さい。中には克服をした人も存在しています。希望をもってしっかりと治療を行いましょう。

今後もサポートが課題

点滴

乳がんの治療をする時には、治療後女性の大切な部分を喪失したというメンタル面のサポートも大切になります。今後も乳がん再建手術と同時に様々な心のサポートが誕生していくといえます。

この記事の続きを読む

ホルモンが関係

診察聴診器を当てる医師

髄膜腫は女性に多くなる病気の1つで、脳を包んでいる髄膜が炎症する病気になります。女性ホルモンとの関係があり、40代や50代になると病気になる可能性が高くなります。症状が気づきにくいので、症状が悪化するこ友あります。

この記事の続きを読む